2018年度 日本出版学会 総会・春季研究発表会のご案内 (2018年5月12日開催)

Eメール 印刷 PDF

■ 2018年度 日本出版学会 総会・春季研究発表会のご案内


必ずお申し込みの上、ご参加ください。参加費等は当日会場にて受け付けます。
(研究発表会・懇親会、それぞれについてお申し込み下さい。)

日 時: 2018年5月12日(土) 9:30~17:30
会 場: 専修大学神田キャンパス
        東京都千代田区神田神保町3-8
        https://www.senshu-u.ac.jp/access.html
交 通: JR総武線・中央線「水道橋」駅 西口 徒歩7分
      東京メトロ半蔵門線、都営地下鉄新宿線・三田線「神保町」駅 A2出口 徒歩3分
      東京メトロ半蔵門線、都営地下鉄新宿線「九段下」駅 5番出口 徒歩3分
参加費: 会員 1,000円  一般 2,000円  学部生  無料(*学生証提示者のみ)
懇親会: 6,000円

申込先: 日本出版学会事務局
      TEL:03-3313-7347 FAX:03-3313-7348 e-mail: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください

 

【プログラム】

 09:00 開場・受付

《研究発表 第1分科会》  5号館4階541教室
 09:30 初期誌面内容の変化にみる『少女倶楽部』〈らしさ〉の創出  嵯峨景子
 10:00 近代メディアミックスの形成過程II
       ――出版のレコード化と音楽出版を中心に  本間理絵
 10:30 戦後出版界の一コマ――水上勉の虹書房・文潮社時代  掛野剛史
 11:00 近代木版口絵の二次利用に関する考察
       ――『小説挿画集』と『江戸錦』を事例に  常木佳奈

《研究発表 第2分科会》  5号館4階542教室
 09:30 書店員特性からみた営業担当者の信頼性に関する研究  横山仁久
 10:00 電子書籍 : 2014年と2015年に紙書籍の電子化率  伊藤民雄
 10:30 「情報の自治」に寄与するための取材・編集活動に根ざした
       冊子制作の教育上の意義と効果に関する研究  酒井信
 11:00 業界出版社・紙業タイムス社に関する一考察
       ――日米ビジネス文化比較の視点から  前田正晶

 〈休憩〉11:30~12:40

《2018年度総会》  5号館5階551教室
 12:40~13:40 2018年度総会

《日本出版学会賞授賞式》  5号館5階551教室
 13:40~14:10

《ワークショップ》
 (1)14:20~15:50  (5号館4階541教室)
   出版研究と大宅壮一文庫――ネット時代における雑誌専門図書館のあり方
     司会:塚本晴二朗  問題提起者:大道晴香  討論者:鳥山輝
 (2)14:20~15:50  (5号館4階542教室)
   オープン化と出版産業の変化 学術ジャーナルを軸に
     司会者:鈴木親彦  問題提起者:天野絵里子  討論者:中西秀彦・中村健
 (3)16:00~17:30  (5号館4階541教室)
   新しい「コミュニケーションの流れ」研究の方法論を考える
   ――雑誌とネット世論の繋がりの探り方を求めて
     司会:塚本晴二朗  問題提起者:笹田佳宏  討論者:茨木正治
 (4)16:00~17:30  (5号館4階542教室)
   雑誌リテラシーと「MIE(教育に雑誌を)」運動を考える
     司会:植村八潮 問題提起者:梶原治樹 討論者:設楽敬一・野口武悟・阿部圭介

 17:30 閉会

《懇親会》 1号館15階ホール
 17:45~


*会場詳細等につきましては、決定次第お知らせいたします。

  過去の行事はこちらからご覧いただけます