日本出版学会 出版法制研究部会のご案内(2017年5月11日開催(2))

Eメール 印刷 PDF

■日本出版学会 出版法制研究部会(2017年度第2回研究会)のご案内(2017年5月11日開催)


「表現の自由と歴史解釈」


 今日,多くの国々において,表現の自由に相当する人権は,憲法によって保障されている。しかし,その保障は絶対的なものではなく,憲法によって留保がつけられ,制約を受けることも少なくない。そこで本報告では,表現の自由と,歴史の解釈や評価にあたる表現に対する制約の関係につき,日本での状況を比較しつつ,海外の事例について検討する。

日 時: 2017年5月11日(木) 18時40分~19時10分
報 告: 田上雄大(日本大学助教)
場 所: 日本大学危機管理学部 本館1203教室
         東京都世田谷区下馬3丁目34番1号
     http://www.nihon-u.ac.jp/risk_management/information/access.html
会 費: 無 料
定 員: 40名(満席になり次第締め切ります。やむなくお断りすることもあります)

主 催: 出版法制研究部会(部会長:樋口清一/副部会長:瀧川修吾)

申込み・問合先: 瀧川修吾( このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください
   ※ 準備の都合上,「メール」でお申込いただければ幸いです。 

  過去の行事はこちらからご覧いただけます