日本出版学会 翻訳出版研究部会のご案内 (2019年7月29日開催)

Eメール 印刷 PDF

■ 日本出版学会 翻訳出版研究部会のご案内 (2019年7月29日開催)


「編集者から見た出版翻訳の現在」


日 時: 2019年7月29日(月) 午後7時00分~9時00分 (開場:午後6時30分)
報 告: 田口恒雄 (日本経済新聞出版社シニア・エディター)
            小都一郎 (光文社編集部)
場 所: 専修大学神田キャンパス1号館13階・13A会議室 
       〒101-8425 東京都千代田区神田神保町3-8
       https://www.senshu-u.ac.jp/about/campus/

交 通: 水道橋駅(JR)西口より徒歩7分
      九段下駅(地下鉄/東西線、都営新宿線、半蔵門線)出口5より徒歩3分
      神保町駅(地下鉄/都営三田線、都営新宿線、半蔵門線)出口A2より徒歩3分
会 費: 日本出版学会会員1,000円 非会員 2,000円(ただし、学生は無料)
      ※参加費はお釣りのないようにご準備ください。

申込先: 
メールまたはFAXで下記あてにお申し込みください。
日本出版学会事務局(e-mail: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください   FAX:03-3313-7348)
※件名を「7/29翻訳出版研究部会申し込み」とし、学会員か非会員かをご明記ください。 
  満員の場合のみ、ご連絡させていただきます。

主 催: 翻訳出版研究部会(部会長:柴田耕太郎、担当理事:山崎隆広)


【開催概要】
 一般書、ビジネス書を中心に「翻訳もの」の話題書の刊行が続いている。長い出版不況が伝えられる中で、翻訳書籍というジャンルでコンスタントにヒットが生まれるのはなぜか。翻訳編集の現場はいまどうなっているのか。
 本研究会では、ビジネス、経済書、そして一般書、古典の分野を中心に長年出版編集の最前線を歩いて来られた二人の編集者を報告者としてお招きし、翻訳出版の現状、そして未来への展望を語っていただく。書籍出版が抱える様々な課題や可能性を提出していただきながら、参加者とともに問題を共有、議論していく機会としたい。

  過去の行事はこちらからご覧いただけます