日本出版学会 第4回出版アクセシビリティ研究部会のご案内 (2018年10月1日開催)

Eメール 印刷 PDF

■ 日本出版学会 第4回出版アクセシビリティ研究部会のご案内 (2018年10月1日開催)


「マラケシュ条約批准と著作権法改正、そして真の読書バリアフリーを目指して」


日 時: 2018年10月1日(月) 午後6時30分~8時30分
報 告: 宇野和博さん(筑波大学附属視覚特別支援学校教諭)
場 所: 専修大学神田キャンパス7号館(大学院棟)3階731教室
         東京都千代田区神田神保町3-8
     http://www.senshu-u.ac.jp/univguide/profile/campus.html#map_kanda

交 通: 水道橋駅 JR中央線 西口 徒歩7分
      神保町駅 東京メトロ半蔵門線,都営三田線・新宿線 A2出口 徒歩3分
      九段下駅 東京メトロ半蔵門線,都営新宿線 5番出口 徒歩3分
会 費: 会員・学生無料、非会員1000円(領収書発行します)
定 員: 100名(満席になり次第締め切ります。やむなくお断りすることもあります)

お申込方法:
日本出版学会事務局( このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください )まで「メール」で、
会員・非会員の別を明記の上、お申込みください。
満席の場合のみ、ご連絡させていただきます。


開催概要
 2018年4月25日、「盲人、視覚障害者その他の印刷物の判読に障害のある者の発行された著作物を利用する機会を促進するためのマラケシュ条約」の締結が参議院本会議において全会一致で承認されました。また、5月18日には、マラケシュ条約批准に向けての国内法整備として改正著作権法が成立しました。さらに、7月17日には、参議院議員会館において、障害関係4団体主催による「読書バリアフリー法」制定を求める集会も開かれました。
 今回の例会では、マラケシュ条約や改正著作権法が読書に困難のある障害者の読書環境整備にとってどのような意義をもつのかを明らかにするとともに、残された課題について考えていきたいと思います。みなさまのご参加お待ちしております。

  過去の行事はこちらからご覧いただけます