日本出版学会 関西部会/出版アクセシビリティ研究部会 共催研究会のご案内(2018年6月25日開催)

Eメール 印刷 PDF

■ 日本出版学会 関西部会/出版アクセシビリティ研究部会 共催研究会のご案内(2018年6月25日開催)


テーマ:「音声読み上げ対応電子書籍による公共図書館の視覚障害者サービス」


日時: 2018年6月25日(月)18時30分~20時00分
報告: 平岡 一仁氏(兵庫県・三田市立図書館長)
会場: 立命館大阪梅田キャンパス「多目的室」
     http://www.ritsumei.ac.jp/osakaumedacampus/access/
     大阪市北区小松原町2-4 大阪富国生命ビル5階

交通: JR大阪駅 南口より徒歩5分
     阪急 梅田駅 2階中央改札口より徒歩5分
     地下鉄御堂筋線 梅田駅 南改札口より徒歩3分

参加費:会員300円・非会員500円
    会員でない方の参加も大歓迎です。当日直接お越しください。

主催:日本出版学会「関西部会」「出版アクセシビリティ研究部会」


連絡先
日本出版学会関西部会担当:湯浅俊彦
立命館大学 〒603-8577 京都市北区等持院北町56-1
TEL: 075-466-3136 (研究室直通) FAX:075-465-8188(文学部事務室)


【開催概要】
 2016年4月施行の「障害者差別解消法」にあわせて、立命館大学、大日本印刷、図書館流通センター、日本ユニシス、ボイジャーによる「音声読み上げ機能を活用した公共図書館における電子書籍貸出サービス」が、兵庫県 三田市立図書館において実現し、視覚障害者の読書アクセシビリティを保障するためのサービスが始まりました。
 2018年4月17日時点で図書館流通センターの電子図書館システム「TRC-DL」導入館のうち、40自治体、129館の図書館に「視覚障がい者向け利用支援サイト」が開設され、通常の電子図書館のように本の表紙(書影)のアイコンをクリックするのではなく、PC-Talkerなどのスクリーンリーダー(音声読み上げ機能)を用い、パソコンのキーボードのTabキーだけで読みたい本が探せるようになっています。
 今回は三田市立図書館の平岡一仁館長をゲストに迎え、その運用状況について読書アクセシビリティの観点から実演を交えながらお話いただきます。

  過去の行事はこちらからご覧いただけます