事務局日誌(2002年4月~2003年3月まで)

Eメール 印刷 PDF

事務局日誌 (2002年4月~2002年12まで)

■ 4月

 1日 出版企画委員会
 8日 総務委員会・理事会
 30日 総務委員会

■ 5月

 18日 春季研究発表会・総会・理事会
 22日 関西委員会

■ 6月

 3日 理事会
 7日 歴史部会
      「アーネスト・サトウと内藤伝右衛門の交流」(稲岡勝会員)
 10日 出版企画委員会
 25日 デジタル出版部会

■ 7月

 12日 関西部会(第2回) (関西学院大学ハブスクエア)
      「1931-41年『主婦の友』における服飾記事についてー「多色刷り口絵」を中心に」(石田あゆう氏)
 16日 デジタル出版部会+学術出版研究部会合同部会
      「米国における電子テキストの動向と課題」(植村八潮会員)
 17日 出版研究編集委員会
 22日 国際交流委員会
 24日 総務委員会
 26日 関西部会
      「テレビドキュメント『誰が書店を殺したのか』はどのように作られたのか」(戸田香氏)
 29日 理事会

 8月

 5日 デジタル出版部会 (東京電機大学11号館17階大会議室)
      「メディアにおける読者を考える」(和田敦彦氏)
 22日 出版流通部会 (八木書店会議室)
      「劇場としての書店」(福嶋聡会員)

■ 9月

 9日 デジタル出版部会+学術出版研究部会合同部会 (東京電機大学11号館17階大会議室)
      「デジタル時代の著作権処理」(三浦勲会員)
 20日 歴史部会 (日本エディタースクール602教室)
      「明治期における和装・洋装本の比率‐帝国図書館蔵書を中心にして‐(大沼宜規氏)
 24日 デジタル出版部会 (東京電機大学11号館17階大会議室)
      「デジタル印刷/電子出版用語の標準化動向」(長村玄・小林敏・中村幹・植村八潮会員)
     出版企画委員会

■ 10月

 3日 学術出版研究部会 (東京電機大学11号館17階大会議室)
      「アルデドゥ・マヌティウスの出版事業」(雪嶋宏一氏)
 7日 理事会
 23日 関西部会(第3回) (西宮市大学交流センター)
      「古書店から見たインターネット時代」(島元健作氏)
 31日 出版研究編集委員会

■ 11月

 11日 理事会
 12日 雑誌部会+出版・法制の自由部会合同部会 (日本大学法学部6号館1階第6会議室)
      「雑誌人権ボックスについて」(山了吉氏)

■ 12月

 7日 秋季研究発表会 (アプローズタワー13階第1・2・3会議室)
      
      「の蘇生をめざして‐読書論としての読書運動」(植田康夫会員)
      
      「日本の書店界の現状と課題」(湯浅俊彦会員)
      「書籍販売におけるモティベーションとその特質‐書籍商フランセス・ステロフの活動と生涯を中心として」(津田和壽澄会員)
      「データベースビジネスと出版」(三浦勲会員)
      「インターネットを活用した書籍流通改革への視点」(星野渉会員)
 16日 理事会

[ このページの先頭へ ]