学会誌『出版研究』目次(第41号;2010年)

Eメール 印刷 PDF

出版研究 41号(2010年)


■国際交流
 第14回国際出版研究フォーラム
 
 〈書物〉の不自由さについて――グーグルの時代における人文学
   長谷川 一

 日本のベストセラー(予備的研究)
   川井良介

 出版物の障害者支援――点字図書・録音図書からの考察
   近藤友子

 計算ソフトExcelを用いた雑誌の量的内容分析手法の開発
 ――中・韓・日共同研究の架け橋として
   諸橋泰樹


■論文

 森田草平『輪廻』の出版事情――発禁報道,検閲,伏字,版の異同
   牧 義之

 フランス革命期の出版メディア空間――出版メディアとヴェルサイユ事件
   平 正人


■研究ノート

 見えてきた読書端末の限界――書籍との特性比較に関する研究
   筑瀬重喜

 住吉大社「御文庫」を通してみた,輝文館の出版物――『大阪パック』,『赤雑誌』,および絵本
   大橋眞由美

 女性週刊誌は「愛子さま不登校問題」をどう報じたか
 ――2010年3月~9月の女性週刊誌の内容分析にみる
   茨木美子


■資料

 『実業之日本《支那問題号》』と商務印書館
   稲岡 勝


■書評

 クリストフ・リンクス『東独出版社の運命民営化とその帰結』2009
   江代 修