学会誌『出版研究』目次(第48号;2017年)

Eメール 印刷 PDF

出版研究48号(2017年)


■ 論文

出版における言説構成過程の一事例分析
――『「江戸時代の識字率は高かった」という“常識”を例として
  清水一彦

ウクライナにおける言論の自由
  田上雄大


■ 研究ノート

「出版学」の(不)可能性
  森 貴志

雑誌の言説をどう分析するか
―― HPVワクチン(子宮頸がんワクチン)報道を素材にしたフレーム理論の紹介
  茨木美子

近代メディアミックスの形成過程
――春陽堂書店とラヂオドラマ研究会との連携を中心に
  本間理絵