第39回日本出版学会賞 (2017年度)

Eメール 印刷 PDF

第39回 日本出版学会賞審査報告


 第39回日本出版学会賞の審査は、「出版の調査・研究の領域」における著書および論文を対象に、「日本出版学会賞要綱」および「日本出版学会賞審査細則」に基づいて行われた。今回は2017年1月1日から同年12月31日までに刊行・発表された著作を対象に審査を行い、審査委員会は2018年2月5日、3月12日の2回開催された。審査は、出版学会会員からの自薦他薦の候補作と古山悟由会員が作成した出版関係の著作および論文のリストに基づいて行われ、その結果、日本出版学会賞1点、同奨励賞2点を決定した。



【日本出版学会賞】

竹岡健一 著
『ブッククラブと民族主義』
(九州大学出版会)

[審査結果]
 本書は、19世紀末から1980年代にかけてのドイツにおいて著しい発展を遂げたブッククラブの盛衰を時代の変遷と共に精緻に論じたものである。一般にブッククラブといえば、本を安価に提供する会員制組織といった安易なイメージで捉えられがちだが、本研究はそれを覆し、そこに共同体gemeinschaft形成の契機を見出した。
 本書では、数あるブッククラブをその機能的、思想的特徴に従って分類、検討し、それぞれに詳細な分析を施しただけでなく、ブッククラブとはそれまで読書に縁のなかった中・下層の人々に広く書籍を提供する「読書の民主化」をもたらす存在であったことが明らかにされる。さらにその「民主化」についても、かつて富裕層に限定されていた読書をより広い社会層に拡大するいわば啓蒙的機能をもっていた1945年以前の「古典的ブッククラブ」の時代と、既存の書籍販売業者との共存を図りながら提供品目を拡大させていった戦後のベルテルスマン読書愛好会に象徴される「現代的ブッククラブ」の時代との質的相違において論じられている点が興味深い。著者は、現代のブッククラブが単なる書籍販売団体を超えて多角化し、「余暇産業」へと変貌していった姿に、文化状況の反映とともにブッククラブ衰退の予兆を見るが、これは現代の出版界の状況を考える上でもアクチュアルで示唆的な視点を提出しているものと思われる。
 そして本書第II部では、戦前のドイツ家庭文庫のような民族主義的性格を帯びたブッククラブおよびその母体となったドイツ民族商業補助者連合のような中間的身分層がナチズムに取り込まれていく過程を論じることが主要なテーマとされている。ドイツでブッククラブという存在が大きく伸長したワイマール期、資本家とプロレタリアートのあいだの中間層が自分たちの身分を護る過程でナチズムに接近していったという指摘は、社会の大衆化の問題を考える上でも極めて興味深い論点といえよう。ブッククラブに関して調査された一次資料の量は膨大であり、その史料的価値は非常に高い。一方、渉猟された資料からあぶりだされた知見の豊かさに比して、そもそも民族主義とは何か、ナチズムとは何か、ファシズムとは何か、「民主化」とは何を意味するのかといったことへの明確な定義づけが見られないことや、また「民主化」されたドイツ国民の読書空間においてマクロにではなく個々の読者がどのように思想の渦に巻き込まれていったのかということには紙幅は割かれていないが、それらの問題についても興味をそそられた。次なる研究の展開を待ちたい。だが、それでもなお、流通面に着目されがちなブッククラブという共同体(ゲマインシャフト)を思想空間形成の契機としてとらえるという視点は非常にユニークなものであり、日本出版学会賞にふさわしい研究と評価する。



【奨励賞】

野村悠里 著
『書物と製本術:ルリユール/綴じの文化史』
(みすず書房)

[審査結果]
 本書は、平成25年に東京大学大学院人文社会系研究科へ提出された博士論文をもとにまとめられたものである。フランスにおけるアンシャン・レジーム期、出版が国王の統制下にあった時期の中でも、とりわけ17、18世紀の製本職人(relieur)の「綴じ製本」ルリユール(reliure)の“技術”に、特に焦点を当てておこなわれた研究成果をまとめたものである。ア・ラ・グレックやヴレ・ネール、フォー・ネールなど、為政者により規程された製本(綴じ)手法の技術的特徴、製本工程や製本構造の変容過程、さらには、同時期の他の手工業者との関係性などが詳細に論じられ興味深い。しかしそれにとどまることなく、逆に技術的変遷が共同体に与えた影響をもとらえてゆく、文化資源学的視点がしっかりと意識されている。国王の庇護下にあった製本技術およびその職人たちの共同体が、革命という“民主化”を契機に衰退してゆく様子が、技術をもった共同体やその技術そのものの変化から抑制的に論じられている。製本という技術に定点を置き、多数の文献等を丹念に収集・参照して調査・検討を重ねており、技術史、文化史としての学術史料的価値が高い優れた著作である。



【奨励賞】

田島悠来 著
『「アイドル」のメディア史――『明星』とヤングの70年代』
(森話社)

[審査結果]
 博士論文を加筆、再構成した本書は、アイドル誌としての視点からおもに1970年代の『明星』を分析している。『キングの時代』(佐藤卓己)、『平凡の時代』(阪本博志)などの系譜に属する研究書である。従来、戦後の芸能誌としては『平凡』が取り上げられることがおおく、発行部数や影響力の大きさにもかかわらず『明星』の研究は弱かった。したがって、全盛期の『明星』を取り上げたこと自体に意味があり、また社会状況と重ねて記事や読書欄を丹念に内容分析する手法は手堅い。だがそれ以上に特筆すべき本書の独自性は、読者とアイドルとの媒介者および読者欄の行司役としての「明星アニキ」と呼ばれる読書欄担当編集者に注目し、70年代アイドルとどこにでもいる特別ではないヤングのファンとの関係性を鮮やかに描き出している点である。ともすると70年代の雑誌論では、特殊な時代であることを前提として特異事例を重ねることでエッジのたった雑誌とその読者層を回顧的に描くことがおおい。本書では、このような先鋭的な若者カルチャー論にマスクされ見えにくかった70年代の若者マスボリューム層の心情が提示されている。本書は日本出版学会奨励賞を受賞することとなったが、今後さらに80年代以降のふつうの若者とアイドルとのかかわり、そしてそれを媒介する雑誌の動向、さらにはSNSでアイドルの日常を見ることができ握手会で肉体的接触さえ出来る今日の状況へと研究が発展することを期待したい。