第38回日本出版学会賞 (2016年度)

Eメール 印刷 PDF

第38回 日本出版学会賞審査報告


 第38回日本出版学会賞の審査は、「出版の調査・研究の領域」における著書および論文を対象に、「日本出版学会賞要綱」および「日本出版学会賞審査細則」に基づいて行われた。今回は2016年1月1日から同年12月31日までに刊行・発表された著作を対象に審査を行った。審査委員会は3月4日、4月8日の2回、開催された。審査は、出版学会会員からの自薦他薦の候補作と古山悟由会員が作成した出版関係の著作および論文のリストに基づいて行った。その結果、日本出版学会賞1点、同奨励賞2点を決定した。
 また、本年度から新たに設けられた清水英夫賞は、『出版研究』45号、46号に掲載された公募論文を対象に審査を行った。その結果、第1回清水英夫賞1点を決定した。なお、候補論文に審査委員が含まれていたため、当該審査委員は、清水英夫賞審査の際に退席し、他の審査委員によって審査を行った。


 
【日本出版学会賞】

 谷暎子 著
 『占領下の児童出版物とGHQの検閲――ゴードン W. プランゲ文庫に探る』
 (共同文化社)

[審査結果]
 本書は、長年にわたって児童出版物の検閲について研究を進めてこられた著者が、学会誌等に発表されてきた論考をまとめたものである。
 近年、プランゲ文庫の資料をベースとした研究は多くの知見をもたらしているが、そのなかでも著者は、メリーランド大学客員研究員として同文庫の書誌的整理・目録化の作業に直接従事した経験を活かし、膨大な量の一次史料を分析している。そうした作業によってもたらされた本書は、文字通りの労作といえるものである。
 本書の新規性は、汗牛充棟の感がある占領期のメディア史研究において、児童出版物という新生面を開いたことにある。プランゲ文庫に所蔵されている児童書、雑誌、新聞、紙芝居などを包括的に考証することによって、占領下におけるGHQの児童出版物に対する検閲の実態を明らかにした。また、本書における分析は、検閲を「する側」だけにとどまらず、「される側」である出版社側の動向についても詳らかにしている。とりわけ、自主規制によって改変された作品に関して、占領が終わったあとになっても作品を改変したことが公表されず、作品の復元も行われなかったという事例は、単なる史実の提示にとどまらず、出版倫理上の問題提起としても重要な意味を持つものである。
 本賞の選考過程の中で、本書が優れた論文の集成であることに異論は出なかったが、本書全体を総括する章が置かれていないことに対しては、各章で得られた知見をもとに当該分野(出版史研究・児童文学研究・占領期研究)において総体として何が見えるのか、読者の判断に委ねられてしまっているのではないかという指摘もあった。この点に関しては、著者自身の言葉でまとめられることが望ましかったのは確かではあるが、各章においてそれぞれ得られた知見は明示されており、雑誌や新聞だけでなく、読み物、絵本、漫画、紙芝居など占領期の児童出版物を幅広く網羅して行われた分析の結果は、占領期の児童文学・文化を知る上で極めて有用なものであると判断された。
 また、多くの出版史に関する研究が“都市部中心”に限られた考察に陥りやすい中で、本書の第1章第3節「北海道の児童書と『児童書コレクション』」や、第3章第3節「地方発行の児童雑誌」は、優れた視座をもたらすものである。
 以上のことから、本書が出版研究の分野において学術的な貢献を果たすことは明らかであり、日本出版学会賞に値するものと判断した。



【奨励賞】

 馬場久幸 著
 『日韓交流と高麗版大蔵経』
 (法蔵館)

[審査結果]
 本書は、高麗時代に二度にわたり雕造された大蔵経について論じた書である。高麗時代の一三世紀の高宗年間に再彫された大蔵経は本文の精確さもあり、歴代大蔵経で最も優れたものとされてきた。室町時代には日本にも伝わり、各地でこれを底本とした大蔵経の開版が行われる。高麗蔵に関する近代的な研究は、二十世紀初頭から主に日本側から始められ、それ以降は、その資料状況もあって、韓国側によるものが増えている一方、日本側の研究が減少、停滞、また戦前の水準以下になっているともされる。本書は書籍による文化交流の観点から、高麗版受容の様相を明らかにしようとするものである。
 本書が高く評価されるのは、日本各地に伝存する諸本を網羅的に調査し、その特徴を明らかにすることを通して、例えば足利氏や琉球王朝の文化受容のあり方などを考察していることである。高麗版大蔵経の文化的重要性はこれまでも十分認識されてきたが、ここまで諸本を網羅しデータベース化を試みた研究は他にない。長期の視座による仏教出版研究は、貴重な知見を出版研究にももたらすものと考えられる。書籍による大陸との文化交流は勿論大蔵経に限定されないので、他の事例との比較という視野が必要になってくるが、その点で本書の功績はそのための基盤固めにある。あとがきにもあるように、韓国側の仏教思想や宗教について深めることが、今後の課題としていることから、これからの活躍を期待したい。



【奨励賞】

 文●珠 著 (●=女+燕)
 『編集者の誕生と変遷――プロフェッションとしての編集者論』
 (出版メディアパル)

[審査結果]
 本書は、書籍編集者の社会的役割や機能を理論的、実証的に検証するために、職業社会学の成果である「プロフェッション」を研究フレームとして導入している。具体的にはプロフェションと非プロフェッションを連続的なものとして捉え、書籍編集者がその連続性のなかで理念型としてのプロフェッションにどのように近づいているのかを、おもに歴史的アプローチで考察した。この点が本書の価値を担保する独自性である。
 2004年に発表した博士学位論文をもとにしているため、昨今の急速な電子化やデジタルスキルへの対応などには触れてはいない。とはいえ、著者が指摘しているように日本の編集者が仕事のやりがい、社会的・文化的意義を重視していること、さらに金銭的報酬より自己実現などの精神的満足を重視していることなどは、今日に続く状況と考えられる。また、フリーランスの編集者も増え、編集者の転社が稀ではなくなってきた状況下では、本書の論点は現実的な意味合いを持ち始めている。
 一方、数量的あるいは実証的資料が乏しい研究環境の困難さからか、プロフェッション概念にもとづいての「日本型編集業」や「専門職化」の実証的分析、また全体としての新たな発見に物足りなさを感じないわけではない。しかし、後続の研究へ多くの論点を提起しているのは、すぐれた研究書の共通の特性であろう。
 以上、今後のさらなる研究を期待して本書を奨励賞とした。



【清水英夫賞(日本出版学会優秀論文賞)】

 清水一彦 著
 『「若者の読書離れ」という“常識”の構成と受容』 
 (『出版研究』45号掲載)

[審査結果]
 本論文は、「知識人」により指摘され、「常識」的になりつつある「読書離れ」現象について、多数の先行研究成果の検討をもおこないつつ、歴史的視点も交え検証している。毎日新聞読書世論調査の統計情報などをも用いて詳細に分析検証し、言説としてどのように定着していったのか、その形成過程を探るとともに、実情についても考察している。同様の視点での研究成果は見られず、本邦人が書物や読書に対してどのようなイメージを抱いているか、読書心理解明への可能性も示している。読書について今後考察する上で必要な、分析的枠組みも提示しており、出版界の今後の動向を見極めていく上でも貴重な知見となるものである。
 なお、すでに多数の業績を有する同氏であり、まだ業績の少ない若手研究者を視野に、今後の著者の「将来性に富む優れた研究論文」を対象に選考するという、本賞の精神からみて異論も想定されるが、今後の出版研究領域へ新たな視座・視点を提供したという貢献度とともに、同氏による「出版研究」への最初の投稿論文であることをも考慮し、清水英夫賞にふさわしい論文と判断した。