日本出版学会へようこそ

私たち日本出版学会では,出版およびそれに関連する事項の調査,研究を行い,出版文化の向上に資することを目的として活動しています。

研究発表会(春季:東京/秋季:関西)をはじめ,各部会を随時開催しています。

<日本学術会議 協力学術研究団体> 

新着情報

■日本出版学会 2017年度第3回(通算第101回)関西部会のご案内(2017年9月21日開催)


テーマ:「出版メディアと「アイドル」:1980年代以降の動向を中心に」


 2017年3月に『「アイドル」のメディア史――『明星』とヤングの70年代』(森話社)を上梓した同志社大学の田島悠来会員を報告者に、江戸川大学の清水一彦会員を質問者にして、1980年代以降を軸に、出版メディアと「アイドル」をめぐる動向について検討を行います。
 『明星』(集英社)が『Myojo』となり刊行を続ける一方で、87年に休刊した競合誌『平凡』の平凡出版(マガジンハウス)で雑誌編集に携わってきた清水会員の目に、80年代以降の状況はどう映ったのか。研究報告を踏まえながら、「当事者」の語りに耳を傾けていきたいと思います。

続きを読む...
 

■日本出版学会 出版史研究部会のご案内(2017年9月22日開催)


ロンドン ジャパンセンター 日系書店のマーケティング感覚とは?
~1989-91年という時代の場合~


日時: 2017年9月22日(金)18:30~20:30
会場: 上智大学文学部7号館4階共用室A
報告: 加藤重男会員
   (河出書房新社司書 元ロンドン ジャパンセンター サブマネジャー)

続きを読む...
 

■日本出版学会 出版法制研究部会(2017年度第3回研究会)のご案内(2017年9月28日開催)


ヘイトスピーチ解消法と表現の自由との問題


日 時: 2017年9月28日(木) 18時00分~19時00分
報 告: 田上雄大(日本大学助教)
場 所: 日本大学法学部 本館1081教室
        東京都千代田区三崎町2丁目12
     http://www.law.nihon-u.ac.jp/access.html
会 費: 無 料
定 員: 40名(満席になり次第締め切ります。やむなくお断りすることもあります)

主 催: 出版法制研究部会(部会長:樋口清一/副部会長:瀧川修吾)

申込み・問合先: 瀧川修吾( このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください
   ※ 準備の都合上、「メール」でお申込いただければ幸いです。

 

続きを読む...
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

3 / 30 ページ