日本出版学会へようこそ

私たち日本出版学会では,出版およびそれに関連する事項の調査,研究を行い,出版文化の向上に資することを目的として活動しています。

研究発表会(春季:東京/秋季:関西)をはじめ,各部会を随時開催しています。

<日本学術会議 協力学術研究団体> 

新着情報

■2017年度  日本出版学会 総会・春季研究発表会のご案内


必ずお申し込みの上、ご参加ください。なお、参加費等は当日会場にて受け付けます。
(研究発表会・懇親会、それぞれについてお申し込み下さい。)

日 時: 2017年5月13日(土) 9:30~17:10
会 場: 日本大学法学部 三崎町キャンパス 本館4階
        東京都千代田区三崎町2-3-1
       http://www.law.nihon-u.ac.jp/facility/map.html
交 通: JR総武線・中央線「水道橋」駅 徒歩5分
      都営地下鉄三田線「水道橋」駅 徒歩6分
      都営地下鉄新宿線・三田線、東京メトロ半蔵門線「神保町」駅 徒歩7分
参加費: 会員 1,000円  一般 2,000円  学部生  無料(*学生証提示者のみ)
懇親会: 6,000円

申込先: 日本出版学会事務局
      TEL:03-3313-7347 FAX:03-3313-7348 e-mail: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください

 

続きを読む...
 

■日本出版学会 出版法制研究部会(2017年度第2回研究会)のご案内(2017年5月11日開催)


「表現の自由と歴史解釈」


 今日,多くの国々において,表現の自由に相当する人権は,憲法によって保障されている。しかし,その保障は絶対的なものではなく,憲法によって留保がつけられ,制約を受けることも少なくない。そこで本報告では,表現の自由と,歴史の解釈や評価にあたる表現に対する制約の関係につき,日本での状況を比較しつつ,海外の事例について検討する。

続きを読む...
 

■日本出版学会 出版法制研究部会(2017年度第1回研究会)のご案内(2017年5月11日開催)


「図書館の機能と役割に関する一考察」


 図書館は,人類の知的遺産を蓄積・保存し,これらを人々の閲覧に供することで,現在へ,そして未来へこれを伝播する役割を担う,いわば知の拠点といえる。本発表では,図書館がもつ本来的な役割と,その保存対象について考察したうえで,向後,図書館にはどのような法的支援が必要とされているのかにつき,論じることとする。

続きを読む...
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 > 最後 >>

2 / 26 ページ