■2017年度 日本出版学会 春季研究発表会

Eメール 印刷 PDF

■2017年度  日本出版学会 春季研究発表会


日 時: 2017年5月13日(土) 9:30~17:10
会 場: 日本大学法学部 三崎町キャンパス 本館4階
        東京都千代田区三崎町2-3-1
       http://www.law.nihon-u.ac.jp/facility/map.html
交 通: JR総武線・中央線「水道橋」駅 徒歩5分
      都営地下鉄三田線「水道橋」駅 徒歩6分
      都営地下鉄新宿線・三田線、東京メトロ半蔵門線「神保町」駅 徒歩7分
参加費: 会員 1,000円  一般 2,000円  学部生  無料(*学生証提示者のみ)
懇親会: 6,000円


[プログラム]

09:00 開場・受付

《研究発表 第1分科会》 本館4階143講堂
09:30 『ドラゴンマガジン』の特集記事にみる内容的特徴と方法論
        ――読者を惹きつけた“ビジュアル・エンターテインメント”
        山中智省
10:00 「造本装幀コンクール」の50回――その変遷と役割
        田中光則
10:30 近代メディアミックスの形成過程
        ――春陽堂書店とラジオドラマの連携を中心に
        本間理絵
11:00 出版物の変容に関する史的考察――読者の大衆化を中心として
        鯉淵拓也
11:30 鏡花本の〈装い〉と作品受容に与えた影響
        常木佳奈

《研究発表 第2分科会》 本館4階144講堂
09:30 ウクライナにおける表現の自由
        田上雄大
10:00 大規模図書選定事業の比較
        伊藤民雄
10:30 学校図書館における電子書籍利用に関する一考察
        ――実証実験を通したアンケート調査から
        植村八潮・野口武悟
11:00 図書館というアーカイブ機関とアーカイブ化の対象の行方
        宮下義樹
11:30 原稿の書き換えによる電子書籍TTSの誤読解消についての考察
        ――異なる音声エンジンによるTTSの比較から
        植村要

 〈休憩〉12:00~13:10

《2017年度総会》 本館4階144講堂
13:10 2017年度総会

《ワークショップ》
(1)14:00~15:30  本館4階143講堂
  電子出版における「定額制読み放題サービス」が出版に与える影響
    司会者/問題提起者:矢口博之
    討論者:鷹野凌・堀鉄彦・梶原治樹

(2)14:00~15:30  本館4階144講堂
  「ライトノベル」にどう向き合うか?
    司会者:中川裕美
    問題提起者・討論者:山中智省・村木美紀

(3)15:40~17:10  本館4階143講堂
  まとめサイト問題と編集者の責任――法的問題を中心として
    司会者:瀧川修吾  問題提起者:宮下義樹  討論者:小向太郎

(4)15:40~17:10  本館4階144講堂
  出版創業・独立史データベース(仮)の共同製作に向けて
    司会者:柴野京子  問題提起者:飛鳥勝幸  討論者:磯部敦・中村健

17:10 閉会

《日本出版学会賞授賞式》 本館地下食堂  17:30~18:00

《懇親会》 本館地下食堂  18:00~19:30