■2013年度 日本出版学会 秋季研究発表会

Eメール 印刷 PDF

■2013年度 日本出版学会 秋季研究発表会


日 時: 2013年10月26日(土) 13:00~17:00
会 場: 関西学院大学 大阪梅田キャンパス10階1002教室
       大阪市北区茶屋町19-19 アプローズタワー
参加費: 会員500円  一般2,000円
懇親会: 6,500円


[プログラム]
12:30 開場・受付
13:00 会長あいさつ 川井良介

■ 研究発表
 13:05 明治初期の京都における新聞・雑誌の発行元に関する一考察
       ――木版印刷から活版印刷への移り変わりに注目して
       樋口摩彌 (同志社大学大学院社会学研究科メディア学専攻博士後期課程)
 13:30 書籍の看板と板株――享保以前
       金子貴昭 (立命館大学衣笠総合研究機構専門研究員)
 13:55 巻末書籍広告の板木:芸艸堂所蔵『尾陽東壁堂製本畧目録』板木二種
       松田泰代 (山口大学人文学部)
 14:20 地域史誌の作られ方――自治体史と字誌(区史)を素材にして
       高田知和 (東京国際大学)
 14:45 デジタル・テキストが深める研究者の「読み」
       ――Digital Humanitiesプロジェクトの実践事例から
       鈴木親彦 (東京大学人文社会系研究科 博士課程)
 15:10 電子書籍のアクセシビリティに関する実証的研究
       ――音声読み上げ機能評価のための分類
       植村八潮 (専修大学)
 15:35 休 憩

■ 講 演
 16:00 大阪で出版業を営むということ――創元社の120年
       矢部敬一 ((株)創元社 代表取締役社長)

 17:00 閉 会


[懇親会]18:00~20:00
 会場:米門 梅田店
     大阪市北区梅田2-2-22 ハービスPLAZA ENT 5階