第15回 国際出版研究フォーラム

Eメール 印刷 PDF

■第15回 国際出版研究フォーラム
(東京経済大学大学院コミュニケーション学研究科博士課程開設10周年記念)


テーマ: 転換期におけるメディアとしての出版


開催時期:2012年10月20日(土)~10月21日(日)
会 場: 東京経済大学 国分寺キャンパス
         〒185-8502 東京都国分寺市南町1-7-34


[プログラム]

◎第1日目 10月20日(土) 10:00~15:50 (会場:2号館B301教室)

〈開会式〉   10:10~10:30
  日本出版学会会長あいさつ 川井良介
  東京経済大学学長あいさつ 久木田重和

〈パネルディスカッション〉   10:30~11:30
  デジタル時代における出版及び出版文化の将来
  パネリスト:各国1名

〈第1セッション:産業・流通の視点からみた出版〉   12:40~14:10
 (1)中国における電子書籍産業の現状分析
     張志強 李鏡鏡
     (南京大学情報管理学院出版科学学科/南京大学出版科学研究所)
 (2)メディアとしての出版産業の変化と未来
     韓珠利(ソイル大学メディア出版科教授)
 (3)東日本大震災と出版業界-未曽有の事態にどう対応したのか
     菊池明郎(筑摩書房)

〈第2セッション:デジタル革命の視点からみた出版〉   14:20~15:50
 (1)デジタル時代に入り込む伝統出版
     任 火(河北聯合大学出版管理センター)
 (2)デジタル革命の視点からみた出版
     尹世●(敬仁女子大学教養学部教授) (●=王+民)
 (3)日本における電子出版の進展と電子納本制度の課題
     湯浅俊彦(立命館大学)


◎第2日目 10月21日(日) 10:00~16:00 (会場:2号館B301教室)

〈第3セッション:出版史・出版教育の視点からみた出版〉  10:00~11:50
 (1)大学における出版教育のあり方を考える-大学におけるシラバス調査から
     蔡星慧(学習院女子大学講師)
 (2)中国におけるデジタル出版の教育現状の分析
     李建偉(河南大学新聞と伝播学院)
 (3)転換期メディアとしての出版の空間拡張-出版社・出版教育の視点からみた出版
     南爽純(韓国出版学会会長、韓国ミン浦大学校教授)
 (4)ベストセラーリストの分析
     川井良介(東京経済大学)

〈第4セッション:知財・法制の視点からみた出版〉   13:30~15:20
 (1)日本出版社の海外ライセンス販売-マンガを事例に
     玉川博章(日本大学)
 (2)中国における出版のデジタル化と版権保護について
     田勝立
 (3)知的財産権の観点からみたデジタル技術と出版産業
     金基泰(世明大学媒体創作学科教授)
 (4)著作権制度と出版をめぐる状況
     和泉沢 衛(東京経済大学)

〈総括討論・閉会式・記念写真撮影〉   15:30~16:00
  パネラー:各国1名

〈閉 会〉   16:00