出版社から見た現行著作権法の問題点   金原 優 (2004年 11月8日)

Eメール 印刷 PDF

出版著作権問題研究部会 第1回研究会 (2004年 11月8日) 終了しました

「出版社から見た現行著作権法の問題点」
金原 優


出版著作物は,著作権法により保護されている。しかし一方で,厳しい権利制限があり,この制限条項により著作権者の財産権の侵害が起こっている。
第30条の私的使用,第31条の政令図書館での著作物の複製,第35条の教育機関での複製,2001年10月に施行された著作権等管理事業法の運用など,出版界にとって解決をはからなければならない問題が山積している。
本研究会は,出版と著作権法との関係の実態を調査研究し,問題点を明らかにするために新設され,その第1回の研究会を金原 優 氏ご報告いただいた(部会長:三浦 勲)。

論 題:「出版社から見た現行著作権法の問題点」
報告者:金原 優 氏
(日本書籍出版協会副理事長・同知的財産権委員会委員長
医学書院・JCLS社長,日本複写権センター理事)