関西部会
部会長:湯浅俊彦  

関西部会は会員の居住地域を単位として形成されています。そのため近畿二府四県在住の方は自動的に,近隣の愛知・岐阜・三重・福井・石川・岡山各県在住 の方はEメールでの案内を希望される場合のみ,例会のご案内をお送りしています。他地域の方もご希望があれば案内を差し上げますのでお申し出ください。
タイトルフィルタ     表示 # 
# 記事タイトル
51 ベルリン東洋美術館所蔵『熈代勝覧』が描く江戸の出版文化  松田泰代 (2007年6月6日)
52 明治期の子ども雑誌にみる〈中国〉表象  泉陽一郎 (2007年1月24日)
53 『女学生の友』にみる男女交際観   藤本純子 (2006年7月28日)
54 子どもの本のいま ―― 保育の現場から  江草元治 (2006年4月26日)
55 出版学・編集学を大学でどう教えるか  猪口教行 (2006年3月27日)
56 『戰線文庫』復刻とその後  橋本健午 (2006年2月27日)
57 ネット時代の図書館――資料の貯蔵庫から情報コンサルへ  井上 (2006年1月27日)
58 『女ことば/男ことば』規範の形成  佐竹久仁子 (2005年10月26日)
59 棚の生理学と下村彦四郎氏の書店活性化論  下村昭夫 (2005年9月12日)
60 書店人生50年――出版流通を考える  海地信 (2005年7月25日)
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 > 最後 >>
6 / 8 ページ