関西部会
部会長:湯浅俊彦  

関西部会は会員の居住地域を単位として形成されています。そのため近畿二府四県在住の方は自動的に,近隣の愛知・岐阜・三重・福井・石川・岡山各県在住 の方はEメールでの案内を希望される場合のみ,例会のご案内をお送りしています。他地域の方もご希望があれば案内を差し上げますのでお申し出ください。
タイトルフィルタ     表示 # 
# 記事タイトル
1 渡辺霞亭と菊池幽芳――大正期大阪の大衆文化 相良真理子 (2017年6月25日)
2 『上方芸能』の48年――何を志してきたのか 木津川 計 (2016年9月26日)
3 出版史研究の手法を討議するその7:出版研究とライフヒストリー研究――大宅壮一をめぐって 阪本博志・田島悠来 (2016年7月30日)
4 『図書館を変える!ウェブスケールディスカバリー入門』を踏まえて 飯野勝則 (2016年4月25日)
5 活版印刷見学会:モトヤ (2016年4月9日)
6 出版史研究の手法を討議するその6:ライトノベルへのアプローチ (2016年3月12日)
7 「出版統計から考える―紙の本と電子本の近未来」下村昭夫(2016年5月23日)
8 海文堂書店の記憶と記録 平野義昌 (2015年10月1日)
9 出版史研究の手法を討議するその5:明治期の出版研究 樋口摩彌・磯部敦 (2015年9月19日)
10 『日本の出版物流通システム――取次と書店の関係から読み解く』の問題意識と若干の事例紹介 秦洋二 (2015年8月25日)
 
<< 最初 < 1 2 3 4 5 6 7 8 > 最後 >>
1 / 8 ページ