翻訳書編集の基礎知識 柴田耕太郎 (2018年6月9日開催)

Eメール 印刷 PDF

■日本出版学会 翻訳出版研究部会 開催要旨 (2018年6月9日開催)


翻訳書編集の基礎知識


柴田耕太郎 (会員、翻訳家)


 翻訳書に関心を示す会員への啓蒙、といっては偉そうだが、事実プロであるはずの翻訳書編集者が、おぼろげにしか理解していない重要点を共通認識とする狙いで行なった。
 本内容は過去二回、業界セミナー主催団体である「出版研究センター」にて、連続2,3回の有料講座として延べ100人以上を動員したもののダイジェストで ある。

・翻訳書の市場
・原書の発掘
・売れた翻訳書ドキュメント
・翻訳者をどう使うか
・翻訳書校正の要点

などを豊富な資料を駆使し、解説するはずであった。
「であった」というのは、出席者が演者と幹事の二人だけであったからだ。
(そのため今回会費は徴収していない)

 そこで話は、何でこうしたことに会員の関心がないのか、広報に問題があるのか、動員方法の検討へと移った。
 機会あれば改めて同じテーマで会を催したく思う。

日時: 2018年6月9日 13:00~14:30
会場: 株式会社アイディ会議室

(文責:柴田耕太郎)